FXシストレ システムトレード 種類

システムトレードの種類

 

システムトレードにはいろいろな種類があります。

 

システムトレードは、エクセルや専用ソフトを用いるかそれとも人間の判断で行うかの違いはありますが、基本的にテクニカル指標と呼ばれるものから売買基準を判定していきます。

 

移動平均線の推移からゴールデンクロスやデッドクロスというような用語で判定する手法が有名ですが、これらは特にクロス系と呼ばれ二つの線が交差するポイントで売買を判定するシステムトレード手法のことです。

 

他には、相場の流れをみて判断するパターン系・トレンド系・ブレイクアウト系など様々な手法があります。

FXシステムトレードにはいろいろなものがあります

FXのシステムトレードの種類は大きく分けると2種類あります。

 

現在主流となっているプログラムを選んでトレードをする形と、トラリピに代表されるトラップ型です。

 

さらに分類していくとプログラム型でもメタトレーダー等に使われるEA(エキスパートアドバイザー)を使うタイプや、エクセルマクロによる自動取引が可能なタイプ、証券会社によって用意されているプログラムを使うもの、Zulutradeのような実際のトレーダーのシグナルを受信するものがあります。

 

これらにはすべてにメリットとデメリットがありますので、どれがよくてどれが悪いというのは一概に比較が難しいです。

 

利便性ならば証券会社指定のものを

 

ただ初めてやられる方にとって一番簡単なのは言わずもがなプログラム選択型だと思います。

 

そのうちの証券会社ですでに用意しているものが一番良いのではないでしょうか。

 

EAに関しては確かに本や雑誌でも解説が増えていますが、それなりの知識が必要です。

 

エクセルマクロの場合も同じことが言えますし、マクロの知識が必要なのでさらに敷居が高いとも言えます。

 

トレーダー選択型はそのトレーダーによってきます。

 

ここでもトレードの知識は多少なりとも必要になってきます。

 

ただEAといった自作系に比べると初心者にもおすすめしやすいです。

 

ただ共通して言えるのが、前もって一、二週間データを取るか過去のデータを調べていくことをおすすめします。

 

そうすることで比較的安全な取引ができるはずです。

今、選ばれているFXシストレ会社はこちら

















関連ページ

EA(エキスパートアドバイザー)
EA(エキスパートアドバイザー)とは何のことかお分かりですか?EAとは簡単に言うと自動取引ツールのことで、作り方さえわかれば自分で作ることも可能です!上手く活用することで、取引が有利になることも・・・!?
トレンドフォロー(順張り)
トレンドフォローとは何かご存知ですか?トレンドとは相場の動きのことを指し、相場が上がってたら買い、下がったら売りでトレードするというものです。上手く捉えることができれば、大きな利益を叩き出すことも・・・!?
レンジ(逆張り)
レンジ(逆張り)とは何かご存知ですか?逆張りとは簡単に説明すれば、値段が上昇しているときに売り注文を入れて反転して利益が出たところで決済するという手法です。相場が膠着しやすい、動きが少ない時期に力を発揮します!
期待利益
期待利益とは何かご存知ですか?期待利益というのは過去のデータを元に利益を算出したものです。とはいえ、データどおりに上手くいくことはありませんので、あくまで期待値であるということを念頭に入れておくことをオススメします。
売買シグナル
売買シグナル(トレードシグナル)とは何かご存知ですか?売買シグナルとは簡単に言うと、売買を始めるポイントを示すサインのことです。このサインを出すことで、自動取引を行うことができます。
自動売買
自動売買とは何かご存知ですか?自動売買とは、文字通り何もかも全てを機械的に行ってもらう手法のことで、FXをやっている人なら是非知っておきたいシステムの1つです。当サイトでは、自動売買の説明を行っています!
売買シグナル
売買シグナルとはなにかご存知ですか?売買シグナルとはテクニカル分析方法の一つで、指標の変化による売買の転換点のことを売買シグナルと呼びます。自動売買はちょっと怖いという方でも取り入れやすいのが売買シグナルです。
損切り
損切りという言葉をご存知ですか?損切りができないという人は意外と多く、円高になると損失を拡大させる人が非常に多いので損切りができるか否かはシストレを行う上で、非常に重要です。

トップページ シストレ徹底比較 シストレランキング よくある質問 今、人気No1のシストレ