FXシストレ 長期 短期

FXシステムトレードは長期向け?短期向け?

 

FXのシステムトレードは投資で言うと短期向けでしょうか、長期向けでしょうか。

 

実際に雑誌で証券会社の方の意見を聞いていくと、長期間の投資を視野に入れて作っているという意見が一番多かったのです。

 

ですが、これは国内の場合だと考えています。

 

実際にZulutradeにてハイレバレッジ(500倍、10万通貨)トレードにてたったの1〜2週間で100万円手に入れた例が実際にあります。

 

もちろん相場を見て仕掛けたと話してはいますが、仕掛けどころをきちんと見極めれば短期で利益を上げることも可能なのです。

 

日本ではハイレバレッジトレードが出来ませんので、こつこつと積み上げの中長期投資となります。

 

国内のシストレツールの平均を見ていきますと、だいたい5〜60万ぐらい、トラリピの場合は資金の割合が高いこともあり200〜250万ほどとなります。

 

ただ得意な相場が来れば大きく利益を上げることも多いのでその時期をピンポイントで攻めれば、短期で大きく利益を上げることは可能でしょう。

 

それを行うには日頃から相場を見ておくこと、必ず確認をすることといった情報収集や検証が必要になってきます。

 

安易にこうだからというのは危険です。

 

ただ仕掛けるタイミングと仕掛け方ができれば短期投資も可能ということです。

 

シストレは基本リスク管理第一ですので、基本は長期投資になるでしょう。

 

一気に儲けたい、というのであれば裁量、もしくは海外ということになりますね。

今、選ばれているFXシストレ会社はこちら

















関連ページ

FXシストレ戦略とは
FXのトレードの方法、戦略についてご紹介します。あなたは「勝率100%のプログラム」というプログラムを見かけたことはありませんか?これを使えば必ず利益が出るって本当!?
FXシストレのシステムは一つに絞るべきか?
FXシステムトレードは1つに絞るべきか?複数で運用するべきか?迷っている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。実は、複数のシストレを運用することでメリットが生まれるってご存知でしたか!?
FXシストレ検証
当サイトでは、FXシステムトレードの実際の検証を紹介しています。今回紹介させて頂くのは、勝率100%と損切りを行うものを集めた場合の2通りの検証!シストレとはなんぞや、勝率100%とはなんぞやとお思いの方は是非ご覧下さい!
FXシストレで複利投資
FXシステムトレードの複利投資とは何かご存知ですか?複利投資とは、簡単にいえば出た利益をさらに投資に回してさらに大きくするというものです!複利投資である程度利益がたまったら、出金して確実に利益を手に入れましょう!
FXシストレの平均勝率
FXシストレの平均勝率はどれくらいなのかご存知ですか?実は、実際に勝率を出しているのはエコトレだけで、正確な勝率というものが割り出しにくいのです。 しかし、シストレの勝率の傾向というのは3パターンしかないんです!
FXシストレで大事なこと
FXシステムトレードを組む上で大事なこととは、一体何かご存知ですか?それはズバリ!バックテストとフォワードテストです!予めテストを行っておくことで安全で安心したトレードに踏み出せるようになります!
FXシストレとエクセル
FXシストレ自分でエクセルで組めるということをご存知でしたか?VBAというマクロ言語でプログラムを組むことで、FXのほかに日経225や株取引にも使えるようになります!
FXシストレ実践
FXシステムトレードをはじめるにあたり、どれぐらいの成果が出るのかということが、最も気になるところではないでしょうか?当サイトでは、トラリピを例に挙げて具体例を紹介しています。
FXシストレ商材
FXのシステムトレードでも情報商材が売られていることをご存知ですか?商材として売られているものの多くがメタトレーダーのEAです。興味のある方は一度お試しになられてはいかがでしょうか?
FX、株、日経225の違い
FX、株、日経225のシステムトレードの違いとは何かご存知ですか?当サイトでは、FX、株、日経225のシストレの違い、市場規模、リスクの違い等を紹介しています。これから投資を始める方必見です!
FXシストレの海外と日本の違い
最近は海外のシステムトレードも注目されていますが、国内と海外では何が違うのかご存知ですか?実は日本では、レバレッジは50倍までに規制されているのですが、海外ではなんと500倍というレバレッジも!?
FXシストレで海外証券会社を使う際の注意点
FXCMUKのシストレステーションなど、海外のシストレや海外の証券会社を利用したいという方はいらっしゃいませんか?当サイトでは、海外の証券会社を利用するに当たって注意しなければいけないことを紹介しています。

トップページ シストレ徹底比較 シストレランキング よくある質問 今、人気No1のシストレ